太陽光発電をお得に導入するためにある補助金ブログ:18 6 18


オレは、心と肉体が別々のもののように感じていました。

そうとは意識していませんでしたが、
例えば、心はがんばろうと思うのに、
肉体が動いてくれない、悔しい、情けない…
そんなことを何千回となく思った日々がありました。

がんばれないのは、うまくいかないのは、
この肉体のせい…と肉体を責めていました。

同時に、でもやっぱり肉体をうまく動かせない心が悪いんじゃない?
という疑念もあって、心も責めていました。

また、肉体に嫌悪感を感じていました。
肉体って当然のごとく汗もかくし、排泄もする。
欲しくはない脂肪だってつくし、顔にはシワもシミもできる。

入浴しなければ汚れて臭う。
ニンニクでも食べればかなりの口臭がする。げっぷも出る。
肉体の調子が悪い時は吐き戻すこともある。

そういった生理的な肉体の反応すべてに対して、
何か「汚い」という感覚がありました。

赤ちゃんや幼い娘は肌もつるつるしててキレイですが、
大人になるにつれて、年をとるにつれて、肉体全体がどんどん汚れていく…
そんなふうにも感じていたように思います。

ですから、大人になることへの拒否感も持っていましたね。

さらに、
どこか自分に生身感がありませんでした。
肉体で生きてる実感がイマイチないというか…
自分のことをサイボーグのように感じていました。

ともかく、そのせいだと思いますが、
肉体を大切にしようという気が起きませんでした。

頭では、理屈はわかってはいました。
肉体をケアすることは大切なことだと…
気持ちのコンディションにも影響しますしね。

でも、肉体のケアをすることにあまりやる気を感じられなくて、
がんばってやっていても、ムダなことをしているような、
無意味な感じをよく感じていました。


川元誠一の情報
川元誠一のコツ
http://kn.ndl.go.jp/list?creator=%E5%B7%9D%E6%9C%AC+%E8%AA%A0%E4%B8%80&viewRestricted=1&detailSearchTypeNo=A&searchMode=A