私達の生活に欠かすことの出来ない電気の多くは原子力や火力などから供給されています。
しかし原発はメルトダウンという恐怖があり、火力は環境問題があり、今求められているのは太陽光発電なのです。 初期費用が多少高額となる太陽光発電なのですが、売電をすることも出来るので最終的にはお得になるワケです。
中には10年程度で初期投資以上の収益を実現しているご家庭もあるのです。

 

太陽光発電システムの価格が下落をしていることもあり、初期費用回収までの期間が従来よりも短くなっています。
最近の電力状況では今後の値上げは確実ですので、太陽光発電システムを早目に購入をされる人が増えているようです。今では太陽光発電を長期的な考えで投資利用をしている人が非常に多く、なんと9割の人がその傾向にあります。
余剰電力を売ることが可能となっていますので、上手に利用することによって収益を確保することも十分に可能なのです。

杉並区 賃貸check!
杉並区 賃貸
http://www.gulliver-nakano.jp/



長期的に回収が出来る太陽光発電の費用ブログ:15 7 19

間もなく臨月を迎える嫁の腹は、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張った腹を撫で回すのが、
最近のおいらの楽しみと癒しとなっています。

腹を撫で回しながら、
嫁とお子さんのことについて話をするのもまた、
おいらにとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは嫁に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
このお子さんの遺伝子は50%がおいら、50%が嫁でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
おいらと嫁の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
おいらと嫁は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、おいらや嫁ではどう頑張っても持てないものを、
このお子さんは持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
おいらの遺伝子を50%引き継いでいるということは、
おいらの父親と母親の遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
嫁の父親と母親の遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの親の父親と母親の遺伝子も引き継いでいて、
おいらと嫁それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて… 
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

このお子さんは、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。