確かに原子力などと比較をして太陽光発電の発電量は少ないですが、それでも家庭規模では十分に役立ちます。
メガソーラーの誘致も始まっていますが、まずはご家庭毎に太陽光発電を導入することが大切なのです。 耐久性のある太陽光発電は長期間の利用が出来ますが、パワーコンディショナーに限ってはメンテナンスをしたり修理が必要で、その際には別途費用が必要です。
当然のことですが太陽光パネルも永久的に故障しないものではありませんので、定期的なメンテナンスをしていく必要はあります。

 

長期間太陽光発電を利用していて発電量が低下してきたら、販売店に連絡をしてメンテナンスをしてもらいましょう。
もちろんその他の機器も定期的にメンテナンスし、出来る限りムダなお金を使わないようにすることが大切なのです。停電で電力供給がストップして最も困ってしまうのは病院であり、とにかく最低限の電気が必要となります。
便利となるのが太陽光発電となっており、例えば震災で停電になってしまったとしても太陽が出ていれば電気の使用が出来るワケです。



定期的な病院の太陽光発電のメンテナンスブログ:15 7 19

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
みなさん、ご存知でしたか?

俺たちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
ちらし寿司を食べに行った時、食後の果物として、
チーズケーキやアイスを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後には果物」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後に果物を食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後に果物を食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「真夜中になったらおやつを食べる」
「寝る前におやつをつまむ」
「深夜番組を見る時にはおやつが手放せない」
というのも、
最初はパパさんと一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
減量にとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
俺は思うんですが…

どんとはれ