必見お役立ち情報「オススメ!太陽光発電」

是非とも知っておきたい太陽光発電情報をお届けしています。
当サイト「オススメ!太陽光発電」が貴方の役に立てれば幸いです。

 

一般家庭への太陽光発電導入が進み、固定価格買取制度が始まったことで、多くのご家庭で収益確保が実現しています。
ただし太陽光発電で収益を確保するためには日頃から節電を続けることが大切なので覚えておきましょう。
テレビで太陽光発電についての特集が頻繁に報道されていますが、その背景にはメーカーの宣伝を兼ねています。
確かにテレビCMを流しているようなメーカーは信頼出来るかと思いますが、最初に様々なメーカー比較は重要なことです。

 

「自分の家だけ太陽光発電を設置しても脱原発に影響は無い」と考えてしまいますが、決してそういうものではありません。
選挙と同じで一人一人が動くことが大切であり、脱原発に向けて大きく前進することが出来るのです。





オススメ!太陽光発電ブログ:27 5 19
おれには小学生の息子がいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「娘のことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

おれが答えたことは、
「娘のハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他の娘たちと比べてしまうから切ないのかな、いや〜でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のおれの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしておれはしばし黙って考えました。

それからおれは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う〜ん、なんかおれが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、おれは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のおれの気持ちが、
「つらいよ〜、おれの気持ちに気付いてよ〜」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたおれは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらない娘」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。



オススメ!太陽光発電 モバイルはこちら